FRF'05-その9

200507292107000.jpg
仕切り直して、ホワイト。Asian Dub Foundation。
客のノリが半端じゃなかった。
実際やってる音も格好よかった。なんて陳腐なんですが本当にそうなんだからしかたない。
ちょいアヴァロンまで足のばして、YOUTHなるアーティストのポエトリー・リーディング。
アフリカ人トリオをバックに詠んでるんですよ。詩を。途中日本人の同時通訳が入ったりして。
グリーンへ戻る。BECK見に。あいかわらずのマルチっぷりです。いろいろ出来ちゃうんですよ。この人。
結構知ってる曲やってくれたし。でもLoserの途中でホワイトへ向かうのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。