Let It Come Down / James Iha

Let It Come Down
言わずと知れたスマパンのギタリストなのである。
でその音楽と言ったらスマパンのそれとは大違いなのである。
どれくらい違うかというとビリー・コーガンとイハの見た目ぐらい違うと言えばわかりやすい。
スキンヘッドで厳ついビリーとロン毛なのに清潔な感じ、しかも無造作ヘアーのイハの見た目そのまんま。
しかもイハの髪の毛からは良いニオイもしそうだ。
一方のビリーはと言えば悲しいかなそのファミリーネーム、コーガンから「抗癌」ではない別の漢字が浮かぶのもマイナスなのだ。ニオイもなんかキツそうだ。
…ごめんよビリー
最初にジャケを見た時「なぜスマパンのイハがこんな清涼感のあるジャケットを」と思ってしまった。
で聴いてみるとジャケのイメージそのもののアコースティックな音。この時点で即買い。
もうネオアコじゃねえかコレ。
そうネオアコなのである。
だけどなんか違うのである。
チープさとか青臭さがないのである。
その点はさすがに売れ売れバンド、スマパンのギタリスト。
売れないミュージシャンと売れてミュージシャンの違いが如実に現れている。
プロフェッショナルなネオアコという表現が良いだろう。
さすがにスマパンファンの受けは悪いみたいである。
だけど僕にはこっちの音の方がしっくりくるのです。
一世を風靡したスマパンのような轟音ギターはまるでない。
一方こちらはとても優しいギターの音に包まれたアルバムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。