Fantasma / Cornelius

Fantasma
小山田圭吾の出世作、ファンタズマ。
とあるところではファンタズラと呼ばれてたそうです。
はて、なんででしょうか。
昔からの小山田ファンからのイメージからすると最も小山田らしい納得の一枚。
遊び心満載の音のおもちゃ箱。
結果、世界中でブレイクしましたね。
「KING OF APEはイアン・ブラウンではなくコーネリアスだ」とまで言われてました。
フリッパーズ・ギターの呪縛を全て振り払い、ソロを始めたオザケン。
一方それまでフリッパーズ・ギターの呪縛から逃れられなかった小山田。
この作品、その呪縛を振り払うことなく、今までの糧とし更に上の境地に行った感じ。
で、結果として呪縛から逃れられたのではないでしょうか。
フリッパーズの過去を否定して成功したオザケン。
フリッパーズの進化系として成功した小山田。
そんな感じが決定した感のある1枚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。