Beautiful Dreamer / Weekenders

JUGEMテーマ:音楽

weekenders
最近買う音楽が変わってきました。
これが一時の気の迷いなのか?
はたまた音楽人生における重要な転換期となのるのか?
てなことで「乙女ハウス」です。
Tottiさんじゃなくてワタシが書きます。
ハウスの知識は疎いがカレーは大好きです。
寒すぎですね。他に思いつかなかったので勘弁してください。
Free TEMPO , Satokolab等を輩出した仙台のレーベル、フォレストノーツ・レコーズからのリリース。
鈴木真一とワタナベノボルのユニットで、ヴォーカルにはSatokolab等を起用してます。
当然にわかなワタシなのでHMVのフリーペーパーを見ながら書いてます。
じゃあこっからワタシの言葉で。
ハウス、ハウスと言いますがコレはネオアコです。
ちょっと乱暴な言い方ですね。
しかし、このキラキラ感はネオアコの持つそれと一緒。
ネオアコの持つきらびやかなメロディとクラブミュージックの持つ躍動感。
これぞ乙女ハウス。
なるほどね、ネオ渋谷系って言葉はコレ聴くと良くわかるわ。

2 Comments
  1. 10年 ago
    Totti

    これワタクシも買います、12"EPを。
    “Wish”って曲イイですね。

    返信
  2. 10年 ago
    匿名

    “Wish”はいいね。
    ハウスアレンジじゃなくてもネオアコの名曲として通用しますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。