Xtrmntr / Primal Scream

JUGEMテーマ:音楽

primal
レコメンドのインデックス。
<P>のところPerfumeが3っつに不満があるとの人がいるみたいなのでPを増やします。
でもまたプライマルなんですけど。
まあ、来年新曲「Baby Cruising Love / マカロニ」が発売になるので、すぐにもう一コPerfumeが増えるけどね。
みなさん1月16日「Baby Cruising Love / マカロニ」発売です。宜しく!
今度は大人っぽい曲調だそうです。もうJDだし。
さ、そろそろプライマル書きますか。
個人的(世間的にも?)には「Screamadelica」と並ぶ大傑作です。
「Give Out But Don’t Give Up」で失敗し(商業的には「Rocks」のお陰で失敗ではないみたいですが)「Vanishing Point」でダブを取り入れ何とか立ち直ったプライマル。
それを進化というか深化させた形の本作で再び音楽的に成功しました。
聴いてもらえばわかりますがトリ肌もんのカッコ良さ。
暴力的で美しいエレクトロミュージック。
なんといっても泣けるのがこのアルバムにマイブラのケヴィン・シールズが参加!
キーボードにマーティン・ダフィ(Felt)
ベースにマニ(Stone Roses)
そしてギターにケヴィン(My Bloody Valentine)
とファンにはたまらない構成のバンドになりました。
ケヴィン効果でしょうか。
最終曲「Shoot Speed/Kill Light」のサケデリックな轟音ギターが美しいこと。
またこれをアルバム最後に持ってくるとこがニクイじゃないの。
カッコいい曲、ハラハラする曲、テンション上がる曲、泣きの曲、と名曲満載で全曲解説しても良いぐらいなのですがめんどくさいのでしませんよ。
基本的に書いてるもの全部良いと言ってますがこれは本当に良いから迷わず買え!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。