Baby cruising Love / マカロニ / Perfume

JUGEMテーマ:音楽

perfume
お前しつこい!
と思っとるでしょうが、またPerfumeです。
さて、全作「ポリリズム」でついにブレイクしたPerfumeです。
ものスゴいインパクトを与えた全作に比べれば、インパクトに欠ける感は否めない。
今回「両A面」てな事ですが、ファンの反応も賛否両論で「両B面」なんて意見もありました。
僕もちょっと同感。
両曲ともB面だったら最高品質のB面ですけどね。
というのもやはり、過去の作品があまりにも高品質なためでしょう。
もしこれが最初に聴いたPerfumeの曲だったら。
もしこれがアルバムのみの収録曲だったら。
絶対に佳曲。それは間違いなし。
「Baby cruising Love」はPerfumeの今までの音楽からは想定内の胸キュンソング。
注目すべきはもう一方の曲「マカロニ」。
今までにない曲調で、Perfumeにとっての新機軸となりました。
まったりとしたミドルテンポで、つい口ずさみたくなるようなメロディ。
今までの機械的なイメージとは正反対に、暖かさを感じる曲です。
口ずさむと言えば「Baby cruising Love」はPerfume史上最高のカラオケ向けソング。
先日車でインストエディットを聴いてましたがとても歌いやすいメロディ。
まあそれだけに面白味を感じないのかもしれません。
ここまで書いたのを読み返して、全然レコメンドじゃないじゃないか、って気がしてきました。
いやいや、これは間違いなくレコメンドです。
アルバムを出さないPefume。(コンプリートベストは論外)
だからアルバムのシングルカット曲と思えば十分過ぎるクオリティですよ。
全ては過剰な期待ゆえの事です。
普通の基準で考えれば間違いなくレコメンドレベル。
だから何も心配せずに買って良し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。