funeral / Arcade Fire

最近けっこう聴いてるカナダバンドの2004年、1st。
名盤だ名盤だと言われてたんで気になってはいたんだが。。。
聴いてみればホントに名盤。
シンプルなフレーズをバランス良く重ねて、というと月並みだけど、
問題はその重ねっぷりで、
メンバーが7名、ほかサポート含めると10名超。
で、そのほとんどがいくつかの楽器を兼ねて、曲ごとに持ち替えてるらしい。
以下、使用楽器。
ボーカル、ギター、ベース、キーボード、アコーディオン、
ハーディ・ガーディ、シンセサイザー、パーカッション、ドラムス、
ヴァイオリン、ヴィオラ、サクソフォーン、
トランペット、ホルン、ユーフォニアム。。。
ユーフォ使ってるロックバンド初めて見た。
アルバム通して良いので、できればアルバム聴きで。
アルバム10曲中、ラジオで9曲かけて、その回の放送はほとんどしゃべってない。
その分、リスナー(がいるのであれば)曲数を多く聴いてほしかった。
Flaming Lipsと比較されてるのがよく分かる。
偶然、車でArcade Fireを聴いたMさんをして『Flaming Lipsだと思った。』と言わしめるほどに。
しかしアルバムタイトルが『葬式』か。。。
funeral / Arcade Fire
01. Neighborhood 1 (Tunnels)
02. Neighborhood 2 (Laika)
03. Une annee sans lumiere
04. Neighborhood 3 (Power Cut)
05. Neighborhood 4 (Kettles)
06. Crown Of Love
07. Wake Up<Youtube>
08. Haiti
09. Rebellion (Lies)<Youtube>
10. In The Backseat

JUGEMテーマ:音楽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。