新しい?音楽の買い方?

 米マイクロソフト社が『MSNミュージック』なる音楽ダウンロードサイトを公開したそうな。音楽ライブラリーは100万曲以上のライセンスをすでに取得済み、50万曲以上がオンラインで販売中で、残りの50万曲も来月中くらいには販売開始される予定とか。
『iTunes』が当初20万曲だったことを考えると意外とすごい。
コンテンツは、EMIミュージック・ノース・アメリカ社、米ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント社、米ユニバーサルミュージック・グループ社、米ワーナー・ミュージック・グループ社などのレーベルに加え、3000のインディーズレーベルから提供とのこと。
しっかし、ちゃんと音源のリリース活動してるインディ・レーベルが3,000もあんの?
しかも曲単位でダウンロードできちゃうってステキ。
シングルのダウンロードは1曲当たり99セント、30秒の無料試聴あり。アップルの『iTunesミュージックストア』と同じ。
アルバム1枚の価格は9ドル90セント、iTunesより若干安いらしい。
いや、本当にうれしいのはダウンロードした楽曲を5台のコンピューターで再生できて、プレイリストは7回までCDに焼くことができる、と。さらに携帯オーディオプレーヤーへの曲の転送は無制限。
たしか『iTunesミュージックストア』も同じくらいのユルさだったと思う。
MSNミュージックだと、IEとWindowsMediaPlayer10があれば用が足りる。
MSNミュージック用にも携帯プレイヤーいっぱいあるらしいんだけど、ハードでは、もうiPodには勝負できないし。
iPodを買って「iTunes for Windows」でいくか(ちなみにオイラWinユーザー)、MSNミュージックをメインにいくか、それとも両方?てか、他にもダウンロードサイトあるし………。
とお悩みの方、心配いりません。日本では配信してないので。
もし、どうしてもというのなら、アキバかヤフオクでiTunesのギフトカードgetして、住所をアメリカ国内に偽造して下さい。
一応国内にも音楽ダウンロードサイトあるにはあるんだけどね。
ちょっと覗いてみたけど、高いし、曲もロクなのないの。
この上なくショボいよ、怒りがこみあげるほどに。
限りなくなく志低いよ、吐き気をもよおすほどに。
日本のレコード業界は。
今さら円盤自体には価値ないだろ。
普通燃えるゴミで出すだろ。
ハサミで切れるし……………..。
ipod

2 Comments
  1. 16年 ago
    知的資本家の心得

    音楽配信ビジネスモデルの近未来

    米Yahoo!がMusicMatchを買収して、音楽のダウンロード販売に参入しました。従来からストリーミング・サービスを手がけていましたが、ダウンロード販売は米国でappleのipod発売以降、非常に注目されている市場です。
    私も、MusicMatchのソフト(世界で6000万人が使用と

    返信
  2. 16年 ago
    国内盤レビュー

    MSNミュージックがやばい

    いきなり初手からMSNミュージックなんかおかしいです。特集記事は、
    HIPHOP嫌いな人に贈る耳にやさしいラップ

    そのおすすめの一枚、いきなりBeastie boysの「Hello nasty」。Beastie boysが耳にやさしいなんて聴いたの俺は初めてだよ。大体誰に向けて作った特集だ?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。