Gling-Gl? / Bj?rk

Gling-Gl?
いやはや、やっぱりこの人は凄いのですね。
ビョークを誉める時僕の頭に浮かぶ言葉といったら必ず「凄い!」となります。
歌が上手い。
味がある。
雰囲気がある。
どれもピンとこないですね。
クソつまらねえ誉めかたしてんじゃねえファック!と自分自身に罵れそうです。
だって僕は初めてビョークを聴いた時大げさじゃなくてトリ肌たちましたから。
D.M.CのDeath Records社長だったらビチョ濡れです。
ほんでコレはビョークのジャズアルバム。
「まあジャズ、オサレな感じなのかしら」などと土岐麻子のジャズアルバムと同じ気分で聴いたら大間違い。
ビョークが歌えばやっぱり凄いのです。
つーか土岐麻子は土岐麻子で凄く良いですよ。
でも僕はこのアルバム、ビョークの中では一番聴きやすい。
ソロもシュガー・キューブスも聴いてきたがどうもビョークは歌声は凄いんだけど曲があんまり好きになれないのです。
その分ジャズは聴きやすい。
それにこれモードジャズとかの難解なやつじゃないから。
そしてジャズでも変わらずビョークは凄い。
カフェでオサレに聴くような音楽じゃないでしょうね。
そのかわりこれならジャズでフジロックのグリーンステージのトリもできそうな気がする。
ロックのように気合いを入れて聴きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。