チェルシーホテルChelsea Walls

ChelseaHotelニューヨーク、マンハッタンのホテル。
を舞台にイーサンホークが撮った映画。
なんか評価低いんだけど、自分にとってはチェルシーホテルがモチーフになってるだけで価値あり。
 たんたんと流れるChelseaの時間。眺めてるだけでも良し。もっと詩的センスがあれば良かった。
Chelsea看板なにせ、かのAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)が『チェルシー・ガールズ』(’66)を撮影し、William S. Burroughs(ウィリアム・S・バロウズ)の『裸のランチ』、Arthur・C・Clarke(アーサー・C・クラーク)の『2001年宇宙の旅』、Mark Twain(マーク・トゥエイン)の『トム・ソーヤの冒険』がそれぞれ執筆され、Patti Smith(パティ・スミス=ミュージシャン・詩人・画家)と Sam Shepard(サム・シェパード=演劇、ミュージシャン、演出家、詩人、脚本家、映画監督、俳優)が同棲し、PattiとRobert Mapplethopre(ロバート・メイプルソープ=写真家)が再会。
 さらに、Bob Dylan(ボブ・ディラン)が『Sad Eyed Lady Of The Lowlands』を作曲。
 そしてSid Vicious(シド・ヴィシャス)がNancy Spungen(ナンシー・スパンゲン)を刺殺したところ。
chelsea全景という訳で『シド&ナンシー』、『チェルシーガール』、『レオン』のロケ地にもなってます。
同タイトルで『チェルシー・ホテル』(’81 アンディ・ウォーホル、ウィリアム・バロウズが出演)ってのもあるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。