“きょうのできごと”

初めに、前に書いた『ジョゼと~』とキャスティングかぶってるけど、別に妻夫木ファンではありません。でも池脇千鶴はちょっとスキになりました。
監督が行定勲だし、時間軸が前後するオムニバス的映画ってことで、前から見たかったんだけど、この辺の映画館でやってないし、近所のレンタルビデオ屋でDVD1本しかないし、レンタル中だし…..。
サブタイトルの「a day on the planet」ってありか?
ジム・ジャームッシュの「ナイト・オン・ザ・プラネット(night on the earth)」より1個1個のエピソードが入り乱れてる感じ。
きょうのできごと京都の大学院に進学する友人の引越祝いの日、集まった仲間6人のエピソードと、彼女とのデートを切り上げてそれに参加するヒトの良い後輩。
偶然であった旧友。
その頃……………….。
警察から逃げるため、ビルの隙間に挟まる男と救助に駆けつけた救助隊員。
浜辺に打ち上げられた鯨とそれを発見するサーファーと女子高生。
その両方を取材するキャスター。
飲んで、酔っぱらった次の日の朝までに話が繋がっていく。
個人的には三國志ネタと『シンメトリーがすきやねん。』てセリフに激しく共感。
池脇千鶴も良い。
映画的な盛り上がりとか意味とかは別にないんだけど、雰囲気は良いよ。
ベタな部分とさっぱりした部分と。全体的にはまったり。別にテーマなんていらない映画なんだけど、あえて言うなら『日常』。
だから、きょうのできごと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。